新社会人になる君達へ



こんばんは、詩織です。

たいそうなタイトルをつけましたが、私はどこの会社にもいる普通のしがない腰掛けOLです。

 

会社には遅刻ギリギリの時間で着くし(これは本当に良くないと思っている)

デスクでこっそりお菓子食べるし

「専業主婦になりたい」が口癖だし

(良い子はマジで真似しちゃいけない。なぜなら評価が下がるから)

 

決して偉ぶれるような、立派な社会人では御座いません。

 

新社会人の方からリプを貰ったので、自分なりのエールを!と思い、筆(PC?)をとった次第です。

 

私が社会人になったのは19歳のとき。

「家の近くにあって仕事が楽そうで正社員になれるから」

という何ともひどい理由で入社したA社です。

 

アルバイトの経験はあったものの、まだ学生気分が抜けていなくて、目上の方への接し方がなっておらずベテランのおじさんによくお叱りを受けていました。

 

仕事を覚えるまでの最初の1年間は覚えることもたくさんあり、めちゃくちゃハードでした。

 

身バレしそうなので詳細は控えますが

退職のため引継ぎをする先輩事務員さんに嫌がらせをされたり

重要な書類と知らずにシュレッダーしてしまったり

会社の営業車で交通事故をおこしたり

上司にたてついたのが原因で、同僚ひとりひとりに「詩織ちゃんの悪いところ」を会議で指摘されるなんていう仕打ちも受けました。(この件は完璧なパワハラになるのでもっと偉い上司に報告して、後日直属の上司に謝罪してもらました)

 

要領が悪かったため、数えきれないほどの失敗をして、たくさん涙を流しました。

 

「涙の数だけ強くなれるよ」という歌詞を胸に、毎日やり過ごしていました。

(おかげさまでメンタルだけはだいぶ鍛えられた気がします)

 

正直、労働環境もホワイトとは言えない職場でした。

 

 

そんな環境でも数年間頑張ってこれたのは、同期だったり、仲良くしてくれる先輩がいてくれたからだと思います。

辛いときに、吐き出せる場所があるのって、大きいです。

Twitterでも良いと思います。(コンプライアンスには注意してくださいね)

 

 

社会は、厳しいです。

 

受身でなんとかなっていた学生時代とはかなりギャップがあると思います。

 

もしかしたら、今までで1番辛い思いをするかもしれません。

 

辛いことがあっても、どうか一人で抱え込まないでください。

 

逃げること=悪 ではありません。

 

本当に、本当に辛くなったら辞めてもいいんです。

 

会社や部署が変われば、仕事の内容も、人間関係も、全然変わります。

 

 

もちろんどんな職場にも、良いところと悪いところがあり、完璧な職場なんてほぼ無いと思います。

どこかで折り合いはつけなければなりません。

辞め癖がつくのも、転職先が狭まったりしてしまうので、それはそれで問題なのです。

 

正直、頑張ったら報われるってわけでもないです。

 

でも毎日頑張ってバッティングの練習をしていたら

その姿を見てくれてる人はいるし、いつかきっと打席に立てます。

そのときにホームランを打てるよう、地味に思えることでもコツコツと頑張ってみてほしいです。

 

 

上手くまとめられないんですけど

楽しむ心を忘れずに

どうか、頑張って

でも、くれぐれも頑張りすぎないでください。



Leave a Reply