友達は必要か?



私は友達がいません。

唯一友達と呼べるであろう方々は、高校の同級生3人。

数年に1度、地元で食事会をし近況報告するくらいの関係性です。

その3人のうちの誰かと私が、サシで遊ぶことはありません。

それくらいの関係性です。

 

そもそも友達の定義って何だ?

ググってみたところ

「互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。」

と書いてある。ふむ。

 

自分のなかの友達の定義は「サシで定期的に遊ぶ人」だと思っています。

ここ数年、女性とサシで遊んだのは、Twitterのオフ会以外ではありません。

 

友達がいない女にありがちな

「女の子と遊ぶより彼氏といる方が楽しい♡

気もつかわないし、奢ってくれるし。」

という考えでずっと生きてきました。

 

学生の頃はいたんですよ、普通の友達。

でも、グループで集まることはあれど

サシで遊んだりすることは殆どありませんでした。

 

「友達なんかいらない」と本気で思い始めたのは

高校を卒業してからのこと。

 

私以外の、地元の友達3人が(冒頭に出てきたのとはまた別のグループです)

私抜きで、交換日記をしたり、飲みに行ったり、旅行したりするようになりました。

それだけなら、まだ良いです。

 

「○○の結婚祝い♡」など、ご祝儀などの頭数要員にするときだけ

私に声がかかるのです。

 

最初は、大人しく払っていました。数少ない友達ですから。

しかし、それが何度か繰り返されたとき、私のなかでプツンと弾けました。

 

「こんなの本当の友達じゃない。こんな友達ならいらない」

 

って。

 

その時からつい最近までずっと、友達なんて必要ないって思っていました。

だって友達いなくたって彼氏がいてくれるし。

楽しいし、ご馳走してくれるし、気持ちいいし。いいことづくめじゃん。

友達といるよりずっと充実してる休日。

 

でも、転職を機にその考えが少しずつ変わってきました。

転職をして、彼と休みがあわなくなりました。

私は土日祝日休み。

彼は平日休み。

丸1日デートできるのは月に1回、月に2回休みがかぶれば良いほう。

 

休日のほとんどを1人で過ごすようになりました。

 

最初は、それなりに楽しく過ごしていました。

漫画喫茶に行ったり、カフェで本を読んだり、料理をしたり。

でも、飽きるんですよね。

 

誰かとスイーツを食べながら彼ののろけ話したいなぁとか

お酒飲みながらゲスな話をしたいなぁとか

次第に思うようになりました。

 

 

極めつけは、彼に別れ話をされたときです。

 

あ、彼がいなくなったら私の人生本当につまんなくなるな

って思いました。

 

あと、こんなとき誰かに相談できたらいいのにな

誰かに話だけでも聞いてほしいな

とも思いました。

 

若いうちは、不特定多数の異性にチヤホヤされて

遊ぶ相手にも困らないと思います

 

しかし、年齢を重ねるにつれ

ずっとそんな風には生きていけないだろうな、と最近感じています

 

 

 

ASKにもらった「友達は必要か?」の問い。

 

一緒にいて明らかに不快な気持ちになる友達

故意に傷つけてくる友達は、いらないと思います。

 

友達は必要ではないけれど、友達がいる人生は

友達のいない人生よりきっと、もっと楽しくなる。

というのが最近の私の考えです。

 

 

機会があれば、ほしい。友達。



 

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply